fc2ブログ

日本の農業はオランダより劣ってる?


暇なので、久しぶりに農業について。

(今週の恥ずかしいおじさんは前の記事にあります)


日本の農業について、
「オランダより劣っている」と言う記事をよく見かけます。
果たして日本の農業はオランダより劣っているのでしょうか?

はい、劣っています(笑)

という身もふたも無い答えですみません(笑)


ただ、こういう文章を書く人は
往々にして数字だけを見て書いているので、
気象や地理などの様々な環境の違いを考えないか、
あるいは無視しているので、
ちょっとだけ日本の農業を弁護します。


この手の文章で必ずあるのが
「オランダのトマトは日本の何倍もの収量がある」
(単位面積あたり)
です。

おじさんも若い頃、
オランダでは10アールあたり20トン以上取るという話を聞いて
「ひえ~、すごい」と思いました。
日本ではせいぜい8~10トン程度です。

ただ、よく考えてみるとオランダとは気象条件が違います。

日本の夏は暑くて作りにくいばかりか、
湿度も高くて病害虫がつきやすく、
1作のうちに夏を超えるのは手間がかかります。
その点、オランダは日本より夏が暑くないので楽です。

日本でもオランダ並みの収量を得ることは可能で、
実際、つくば万博では
「1本の木から1万個のトマト」が展示されましたし、
それ以前に、
露地+プランター+日当たりが悪いという
3重苦のおじさんの庭でも
おととしはミニトマトを16段目まで取りました。
(トマト農家は8~12段くらいだと思います)

日本の篤農家なら、オランダ並みとまではいけませんが
(今はで40トン以上取ってるらしい。ひえ~)
20トン程度なら取ることは可能だと思います。
ただし、金と手間をかければ、です。

「じゃあ、おじさんが作れば?」と言われると
全力で断ります(笑)

日本で作るなら、
年1作で20トン取るよりも、
年2作で10トンずつ取る方が
遙かに楽で、手間もいりません。
1本の木から多く取ると栽培期間も長くなり
その分病気にかかりやすくもなりますし。

あと、オランダで見られる6m以上もあるハウス、
日本には台風が来るので作れません。
そりゃ、風速30mに耐えられるハウスくらい
作れますけど、コストがね。

加えて、日本海側だと積雪の問題もあるので
オランダのような連棟ハウスは作りにくいです。
棟と棟の間の谷の所に雪がたまって
ハウスがつぶれてしまうからです。
まあ、以前鳥取県で連棟ハウスを見たことがあるので、
消雪装置をつければ出来なくはないでしょうが。

連棟ハウス
    日本のですが連棟ハウス。オランダのはもっと背が高い。
    谷の所に雪がたまるとハウスがつぶれる。


「オランダみたいに輸出を増やせ」
と言うのも良くある主張です。

これも流通面で、
オランダでは陸運で周辺国に輸出できますが、
日本が輸出するとなったらコストの高い
空運しか無いので、
かなり不利な事も知っておいて欲しいです。
船便で運べるような農産物は
そもそもアメリカやオーストラリア等に負けます。



余談ですが、
「島耕作の農業論」(弘兼憲史 光文社新書)の中で
大分県の植物工場が紹介されています。
そこではトマト1.36ヘクタールが栽培されていますが、
弘兼さん、
「この広い工場を社員一人、パート十五人という少ない人数で運営されている
ことも特筆すべき事だろう。」と驚いています。
(本文59ページ、原文では一五人と書かれています)

え?
これって20アールに換算すると2.35人。
夫婦+パート一人でこれくらい作っているトマト農家なんて
珍しくも何ともありません(笑)

ちなみにこの本、
島耕作は相変わらずとんちんかんですが、
(たとえば炭酸ガス施肥に驚いていますが、
 日本でもとっくにやっています)
第一章と第七章の対談は
まともな人が相手なので読む価値はあります。


余談の余談ですが、
今年読んで良かった一般向け農業書
「日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食糧自給率」
(浅川芳裕 講談社X新書)

この手の本にありがちな
「おおげさ・紛らわしい」はありますが
本筋は正しいと思います。

書店で平積みされていたで買いました。
読んでて、「あれ、数字が古いなあ。」と
思いましたが、
よく読むと2010年発行と
ちゃんと帯に書いてあります。
おじさんの目は節穴です(笑)


今日はまじめな話なので、
ここをポチッとしてくれるとうれしいです。

トレード日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)